スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプリンターズS最終結論

こんばんは。

今日もいいお天気でしたね(^▽^)/
明日もレースが無事に良馬場で行われてくれたらいいな~って願っています。

今日は明日のスプリンターズSの最終予想を書きこみしたいと思います。
昨夜データから残った5頭と気になる2頭について、前日発売人気と単勝オッズをご紹介。

【データから残った5頭の馬】
2番 ファイングレイン  4番人気  9.1倍
5番 シンボリグラン   8番人気 24.1倍
7番 カノヤザクラ    3番人気  8.4倍
11番 スズカフェニックス 5番人気  9.1倍
14番 スリープレスナイト 1番人気  2.2倍
【気になる2頭】
 3番 ジョリーダンス   7番人気 23.3倍
15番 キンシャサノキセキ 2番人気  6.9倍

この7頭について感じていることを簡単に。

●2番 ファイングレイン
平坦巧者のような気がしないでもないですけど、春の短距離王で前走より2kg減なら。
持ち時計もキンシャサノキセキと並んで出走馬中No.1。
内枠の鬼。
●5番 シンボリグラン
前走が走りすぎの感もしますが、先行馬で内枠は有利。2着か3着ならあるかも???
●7番 カノヤザクラ
重要ステップのセントウルS勝ち馬ではあるものの、3番人気はやや人気過剰?
●11番 スズカフェニックス
短距離の実績はNo.1。鞍上はG1では怖い怖い横山典さん。
前走は明らかに一叩きで問題は直線短い中山で後方から届くかだけ。
●14番 スリープレスナイト
4連勝中の上がり馬。前走も圧巻で勢いも抜群。
心配なのは外枠から上村騎手がうまく先団につけられるかどうか。
●3番 ジョリーダンス
穴ならこの馬。中山得意で先行抜け出し脚質には願ってもない内枠。
馬齢だけがデータから消去の馬で気になりますが。。。
●15番 キンシャサノキセキ
短距離の安定感で言えばこの馬。
安定した先行抜け出し脚質に加え、持ち時計もファイングレインと並んで出走馬中No.1。
前走キーンランドCからのステップがデータからの消去対象で気になりますが。。。

さてさて、こうして並べてみるとどの馬にも一長一短があり、どう転んでもおかしくない結果が待ち受けていそうですが、この7頭の中で1着から3着は占められると思っていますので、あとはどの馬を切るかだけです。

私は今回は三連複BOXで買うことにしました。
買い目を多くしても仕方が無いので、最後は中山に向いていそうな馬も考慮して結論を出します。

◎14番 スリープレスナイト 1番人気
○ 3番 ジョリーダンス   7番人気
▲11番 スズカフェニックス 5番人気
△ 2番 ファイングレイン  4番人気
△15番 キンシャサノキセキ 2番人気

◎はスリープレスナイトとジョリーダンスのどちらにするかでかなり迷いましたが、スリープレスナイトとしました。

展開一つで着順が変わる電撃スプリント戦ですので、
上記5頭の三連複ボックス1000円づつ10点買いの、
計1万円で勝負します!

新しく買いたい株があるからどうか当たって下さい\(*´∇`*)/


★励みになりますので、FC2 Blog Ranking ↓ への応援クリックにご協力お願いします。
                     FC2 Blog Ranking<


スポンサーサイト

スプリンターズS展望

再びこんばんは。

夕方から夜にかけては何かとやることが多くて、バタバタして更新にとりかかれませんでした(´Д`ヽ)(/´Д`)/
今回は日曜日のスプリンターズS展望について書いてみたいと思います。

先程も書きましたが、G1実績馬VS夏の上がり馬という構図が出来上がっていて、力差を見極めるにはなかなか難しいですね。
セントウルSで人気になっていた実力馬2頭(スズカフェニックスとファイングレイン)は、トライアルを一叩きと考えていた感が強くまともにレースをしていなかった様子で、これが混戦の引き金になってしまっています。

さて展望ですが、
まずは中山1200mについて考えてみましょう。
このコースの特徴と傾向ですが、スタートからゴール前の坂下まで下りが続き、そのため3コーナーから4コーナーは全ての競馬場の中でも屈指の高速コーナーになっています。
勢い良くコーナーを回ってきてそのままの勢いでゴール前の急坂を駆け上がることになります。
急坂があるものの勢いがついているため、そして直線も310mと短いことから後方一気はよほどのことがない限り届きません。
中心に考えたいのは前に行く馬で、特に高速で3コーナーから4コーナーに突入するため4コーナーでは馬群が外に振られ内が開くことが多く、内をロス無く回る先行馬が明らかに有利なコースです。
持ち時計の無い馬は高速勝負になるため厳しくなります。

とは言うものの、このレースは面白い特徴があって、『前に行った馬だけの組み合わせで終わるパターン』と、『前に行った馬と後ろから飛んできた馬との組み合わせパターン』が意外にも毎年起こるのが特徴です。
つまり快速の逃げ馬もしくは先行馬について行った馬達がみんなバテテ、その馬だけが残り、バテた馬を後ろから満を持して飛んできた馬がかわすという面白い結果が出ています。

それを裏付けるデータが、過去10年間のスプリンターズSで1着から3着にきた馬の4コーナーでの位置取りのデータです。(一番左が2007年で以降遡る)
1着馬・1・ 1 ・ 3 ・ 1 ・14・3・10・1・ 4 ・ 2
2着馬・3・ 4 ・14・14・ 2 ・2・ 1 ・5・ 1 ・11
3着馬・2・14・12・ 9 ・13・1・ 3 ・8・15・ 2

これだけ見ると、先行馬だけの組み合わせと、先行馬と追込馬との組み合わせを買えばほとんど当たってしまいますね。
先行馬と追込馬だけ着目です。

そしてさすが究極のスピードレースということでもう一つ面白い点に着目してみました。
それが次の着順別の馬齢データです。(一番左が2007年で以降遡る)

1着馬・3歳・7・6・6・4・4・5・6・5・3
2着馬・5歳・5・6・5・5・6・5・5・4・4
3着馬・5歳・3・6・6・4・4・7・6・4・4
  *2000年以前は馬齢が1歳上で表記されていたので、現在の馬齢に修正。

これを見てあきらかにわかるのは、7歳以上の馬はお呼びでないレース???
ちなみに2006年1着馬のテイクオーバーターゲットは外国馬(G13勝馬)で、2001年3着のダイタクヤマトは前年のスプリンターズSの覇者。
この2頭以外の7歳以上の馬は壊滅しているのがこのレースの特徴です。
短距離は人間と同じく若者に限るということでしょうか?
今回出走馬の中にも7歳以上馬が5頭もいますね。
苦戦必死???

あとは、近走の勢いに着目。
・G1を除く前走10着以上からの巻き返しは過去10年皆無。
・前走キーンランドC組は過去10年3着にも来たことが無いので用無し???

なんと、これらのデータから馬を消していくと、残ったのはたった5頭になってしまいました。
その他気になる馬が2頭いるので、それらを絡めた馬券で検討してみようと思います。

スプリンターズS最終予想は土曜日の夜にUPいたします(^▽^)/


★励みになりますので、FC2 Blog Ranking ↓ への応援クリックにご協力お願いします。
                     FC2 Blog Ranking<

来訪者数
開設日:平成20年9月30日~
プロフィール
ブログにお越しいただきまして、本当にありがとうございます。どうかゆっくりして行って下さいね(^^)

ぷりん

Author:ぷりん

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
Mダックス時計(B&T)
カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
QRコード
QR
最新コメント
リンクサイトです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。