スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇賞最終結論

こんばんは、皆さん。
あっという間にこんな時間になってしまいました(^^;

悩みに悩んで、天皇賞の最終結論を考えましたのでお届けしたいと思います。
印と前日オッズは以下の通りです。

◎ 17番 ドリームジャーニー(4番人気)
○ 14番 ウオッカ       (1番人気)
▲ 13番 オースミグラスワン(8番人気)
△  7番 ダイワスカーレット(2番人気)
△ 12番 タスカータソルテ (6番人気)
△  2番 ディープスカイ   (3番人気)

本命◎は迷いましたがドリームジャーニーとしました。
ここ2戦が見違えるようなレース振り。
まともな状態なら差しきることが出来ると判断いたしました。
過去22年間だけ調べても3着以内の無い朝日CC組ですが、データを覆してくれることと信じてみます。
ここ2戦、完全にこの馬を手の内に入れた池添騎手の思い切った一発に期待します。
それに、ウオッカやダイワスカーレットに◎をつける予想なんて誰も見たくないですよね?(苦笑)

対抗○はウオッカ。
おそらく普通に乗れば1600mまでなら絶対に負けないだろうと思われるこの馬。
今回はこの400mの壁がどう出るかということと、鞍乗が今期重賞わずか2勝と全く奮っていない武豊さん。
正直、ヴィクトリアマイルで勝つことが出来なかった騎乗には一抹の不安を覚えます。
岩田騎手に乗り変わった安田記念では、あんなにすごいパフォーマンスをした馬なのですから。
武豊騎手が普通に乗ってくれれば負けないとは思っていますが、不調ぶりを加味して対抗に留めました。

▲はオースミグラスワン。
ここ4走の上がり3ハロンタイムは何と、33.9、33.8、31.9、33.3と特筆すべき切れ味。
前走毎日王冠も、前有利な展開になり33.3の脚で後方から追い詰めるも6着が精一杯。
今回は、ウオッカが過去何度も辛酸を舐めさせられているダイワスカーレットを、早めに捕まえに行く展開が予想され、前崩れになると予想。
中団からでも鋭い脚を使えるこの馬が、漁夫の利を得る可能性が一番高いと判断し、▲といたしました。

△筆頭はダイワスカーレット。
この馬は得意の展開【テンが早く、中盤からスローに持ち込み、最後でまた二の脚を使い引き離す展開】に持ち込めるかどうかが全てだと思います。
上記オースミグラスワンの項目でも書きましたが、今回はウオッカが宿敵潰しで早めに動くことが考えられ、この馬にとって東京の長い直線はかなり厳しいものになると判断いたしました。
加えて長期休養明け。
天皇賞考察でも書きましたとおりこれも厳しい条件。
この条件・展開でも勝てるのかどうか、私は別の意味で注目してみたいと考えています。
気持ち的には勝って欲しい馬です。

△次点はタスカータソルテ。
このレースとそこそこ相性のいい札幌記念勝ち馬。
平坦コース巧者の印象は否めずに評価は下げたいところですが、鞍上ルメールさんを配しての勝負気配。
ルメールさんで無ければ買わないところでしたが、買い目に押さえることといたしました。

△最後はディープスカイ。
正直な気持ちだけを言うと、私の私見に過ぎないかもしれませんが、この馬いらないと思っています。
今年の三歳世代はレベルがかなり低いと考えているからです。
前回の展望でも述べましたが、ダービーのタイムは同日1000万条件レースよりも0コンマ4も遅いタイム、更にこの馬が勝ったNHKマイルCですら過去の記録と比べてみても散々な記録。
三歳馬の中では抜けて強い存在なのは間違いありませんが、この歴戦の勇者が集まる天皇賞古馬に混じってこのレベルで勝負になるとは到底思えません。
しかしながら三歳馬は夏を越して急速に成長することがあることから、一応印はつけました。
ただ、私は馬券を買いません。
安全策を取るなら皆さんは押さえた方がいいと思いますが、私はイケイケな性格ですので私は今回押さえません(苦笑)
この取捨がどうなるかも明日楽しみに見てみたいと思います(^^)

それでは、、、
今週の『ぷりん馬券=★☆★☆★(〃▽〃)!』

【買い目】
7・12・13・14・17
の5頭3連複BOX10点買い、各々1,000円づつで勝負します!
10点×1,000円=10,000円

2番ディープスカイが来たら諦めます(^^;
ジャレコ株も上昇気配ですので、私の競馬運も上昇気配になりますように!(^^)

★下記3つのブログランキングに参加しています。貴方の1票がすごく励みになりますので、 ↓ への応援クリックにご協力お願いします。

FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ


☆ブログランキングへの応援クリック 心から感謝いたします。
    本当にありがとうございました(〃▽〃)


↑お小遣い稼ぎサイトです。登録は無料です。
メールを受信してURLをクリックするだけでお小遣いが貯まります。

●最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
今後とも皆さんの応援に応えられるよう一生懸命頑張ってまいりますので、【ぷりんの情報局】と併せまして引き続き末永くご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

★ぷりんの情報局★
http://purinnokabugasukides.blog24.fc2.com/

スポンサーサイト

天皇賞の考察

皆さん、こんばんは。
夕方になると大分冷え込んできましたね?
ようやく秋らしくなってきたって感じです。

今回は天皇賞の展望についてお届けしたいと思います。

【コース分析】
★東京2000m
昔から魔物がすむコースと言われている、ジョッキーにとっても屈指の難関コースの一つです。
過去断然一番人気メジロマックイーンの18着降着や、サイレンススズカの悲劇が思い出される嫌なコースです。
第2コーナー手前からの発走で、スタートから約100m走るとコーナーがあるため、スタート直後は位置取りを確保するために内側に切れ込みやすく、テンのスピードは速くなりがちです。
内枠の馬は抑圧されるのを恐れて無理に前に行くか、一旦下げるかの傾向が高く、逆に外枠の馬は外を回らされて距離損をします。
改修されて以前ほどひどくは無くなったのですが、それでも天皇賞のような多頭数レースには厳しいコースと言えます。
枠の有利不利はあまりない結果となっていますが、逃げ馬にとっては最後の直線が長いため厳しい展開になっています。

まずは、3着までに入った過去10年間の27頭【2002年は中山開催だったので省きます。】について分析してみます。

★人気
1着馬・・1・4・14・ 1 ・ 1 ・4・1・ 4 ・6
2着馬・・7・7・ 1 ・13・ 5 ・1・2・12・4
3着馬・・6・2・13・ 9 ・10・2・5・ 5 ・5

人気薄でも平気で飛んでくるレースです。
とは言っても、この秋の天皇賞に参戦してくる馬はそれぞれが歴戦のつわものですから、終わってみるとあまり驚きもしなかったかなというのが過去の印象です。

★前走着順
1着馬・・2・3・1・2・5・11・1・7・1
2着馬・・2・4・3・4・2・ 1 ・1・6・4
3着馬・・1・1・8・4・5・ 1 ・1・1・3

さすがに秋の天皇賞で3着までに入る馬は、前走も良い成績を残しています。
前走大敗馬でも、それまでに、
2005年3着馬ダンスインザムード(前走8着)→G1勝ち馬
2001年1着馬アグネスデジタル(前走11着)→G1勝ち馬
1999年1着馬スペシャルウィーク(前走7着)→G1勝ち馬
1999年2着馬ステイゴールド(前走6着)→G1三度連対
の見事な経歴を持っている馬ばかりで、前走5着までに入っていない馬では、最低でもG1連対経験がないと天皇賞では三着までには入ることすら出来ていません。

★前走人気
1着馬・・2・1・9・1・1・6・1・1・1
2着馬・・5・3・2・1・8・1・1・7・2
3着馬・・1・1・2・2・8・2・4・4・4

それなりに前走でも人気のある馬しか用の無いレースと言えます。

★ステップレース一覧【参考】
三着までに入った馬27頭のステップレース
GⅠ宝塚記念  (2・2・1)
GⅠ安田記念  (1・0・1)→ともにGⅠ勝ち馬
GⅠ秋華賞   (0・1・0)→GⅠ勝ち馬
GⅡ京都大賞典 (3・3・1)
GⅡ毎日王冠  (1・1・3)
GⅡ札幌記念  (1・0・1)
GⅡオールカマー(0・2・0)
GⅢ新潟記念  (1・0・0)→重賞連勝馬
GⅢ関屋記念  (0・0・1)→1番人気1着馬
GⅢ府中牝馬S (0・0・1)→GⅠ勝ち馬

★ステップレースでの考察
前走がGⅠの場合→1番人気か2着以内。宝塚記念組以外はGⅠ勝ち馬。
前走が毎日王冠(GⅡ)の場合→8番人気以内で5着以内
前走が京都大賞典(GⅡ)の場合→7番人気以内で6着以内
上記以外のGⅡの場合→1着か3番人気以内で4着以内
前走がGⅢの場合→1番人気1着か重賞連勝馬かGⅠ勝ち実績の馬

前走が毎日王冠か京都大賞典以外のステップレースを踏んできた場合は、前走でそれなりの裏づけが無いとかなり厳しい結果になっています。

★馬齢
3歳馬~6歳馬
唯一例外が1998年1着馬オフサイドトラップ(現馬齢で7歳)
しかしこの馬は重賞を連勝して天皇賞に出走してきていました。

【展望】
さて展望ですが、このデータからだけですと残った馬は以下の6頭となってしまいました。

ディープスカイ
サクラメガワンダー
ダイワスカーレット
タスカータソルテ
ウオッカ
ドリームジャーニー

何だか残るべくして残った馬ばかりになってしまいました。
こんなに堅く収まるのかなっていうのが率直な印象です。

この中からどの馬を外すか悩みそうですが、まず、東京コース(0・0・0・5)のサクラメガワンダーにはどうしても食指が動きません。
前走の毎日王冠は4着だったように、どうしてもこの馬が東京コースで3着以内に来るイメージが沸かないのです(><)
朝日CC組も過去ずっと22年遡っても、1頭も三着以内に来たことがなく、ドリームジャーニーは???
今年の三歳馬はダービーの記録が同日の1000万条件より0コンマ4も遅かったことや札幌記念の三歳馬の結果から、レベルが低いのではと考えるとディープスカイは果たして???
7ヶ月以上の長期休養明け馬は(0・0・0・8)で、ダイワスカーレットは???
何だか有力馬に不安なデータが満載です(><)

実はこの他に1頭だけすごく気になっている馬がいます。
オースミグラスワンです。
何といいますか、妙に気になっているだけなのですけどね。
冴えてない私の勘がオースミグラスワンを呼んでいるのです(¬_¬)
でも、私はこの馬は絶対買い目に入れたいなって思っています。
データから外れた理由は、前走が6着だったことだけです(^^)
→【前走が毎日王冠(GⅡ)の場合→8番人気以内で5着以内】

最終結論は、これから検討して今夜~深夜にUPする予定ですので、よろしくお願いいたします( 〃▽〃)ノ

★下記3つのブログランキングに参加しています。貴方の1票がすごく励みになりますので、 ↓ への応援クリックにご協力お願いします。

FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ


☆ブログランキングへの応援クリック 心から感謝いたします。
    本当にありがとうございました(〃▽〃)


↑お小遣い稼ぎサイトです。登録は無料です。
メールを受信してURLをクリックするだけでお小遣いが貯まります。

●最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
今後とも皆さんの応援に応えられるよう一生懸命頑張ってまいりますので、【ぷりんの情報局』と併せまして引き続き末永くご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。
★ぷりんの情報局★
http://purinnokabugasukides.blog24.fc2.com/

来訪者数
開設日:平成20年9月30日~
プロフィール
ブログにお越しいただきまして、本当にありがとうございます。どうかゆっくりして行って下さいね(^^)

ぷりん

Author:ぷりん

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
Mダックス時計(B&T)
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
QRコード
QR
最新コメント
リンクサイトです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。