スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリザベス女王杯(G1)回顧

皆さん、こんばんは。

エリザベス女王杯。。。

競馬の恐ろしさをまざまざと見たレースでした。
しかしG1でレースでこんな光景を見ることになるなんて・・・。

【ぷりんの印と結果】
◎ 16番 ブエナビスタ   (3着)
〇 15番 ミクロコスモス  (14着)
▲ 12番 ブロードストリート(6着)
△  4番 ジェルミナル   (13着)
△  5番 リトルアマポーラ (7着)

【ヨーグルトの印と結果】
◎ 15番 ミクロコスモス   (14着)
〇 14番 ニシノブルームーン(10着)
▲  8番 カワカミプリンセス (9着)
△ 16番 ブエナビスタ    (3着)
△ 10番 シャラナヤ     (4着)
△  2番 メイショウベルーガ(5着)


勝った田中博康騎手のあの涙ぐんだインタビューにはなかなか感動しました。
本当に良かったなって。
そんなにいい馬に恵まれない中、重賞を勝つには難しい条件の中で、こうしてG1の勲章を手に入れることが出来たのですから、感無量だったと思います。

こうした謙虚な気持ちを他の騎手にも持ってもらいたいものだと思いました。
いい馬に乗ればそれだけチャンスがあるのは当然で、そうしたチャンスをもらったのならもう少し必死になって勝ちに行こうという頑張りを見せてもらいたいものです。
みんな今日の田中博騎手のような初心を忘れてしまっているのではないでしょうか?

今日のレースはまさにそんなレースでした。

1000m通過が1分05秒というスローペースだったのにも関わらず、後続グループは何と約100m後方を追走。
そこから徐々に追い上げるのかなって思いきや、誰も追いかけずに4コーナー過ぎても前との差は縮まらず。
もうそこでみんな万事休すでした。
ハイペースで追いかけていないならわかりますが、スローペースであの差は無いでしょう?(--)
私の馬券も追い込み馬ばかりだったので既に万事休すでした。

必死だったのはブエナビスタの安藤勝騎手だけ。
安藤勝騎手だけは3コーナー過ぎから危ないと感じてか一気に捲って上がって行きました。
ブエナビスタが4コーナーでは前団にまで押し上げてるレースですよ?

他の人は何をしてたの???

とても勝つ気があった騎乗とは思えませんでした。
ブエナビスタの安藤勝騎手は、やはり勝たなければならないという気持ちで、必死に前を追っていきました。
上がり32秒9の剛脚を使って追い詰めましたが3着が精一杯。
展開があまりに向かなかったこともありますが、結果的には安藤勝騎手も含め、残りの14名の騎手が勝ちたいって気持ちが足りなかったとしか思えません。

田中博騎手と熊沢騎手以外の残りの14騎手は、初めて勝った頃の初心の気持ちに帰るべきだと強く感じました。
ちなみにこれが競輪だったら、追走義務違反で全員失格の1年間出場停止処分になるくらいの出来事ですよ?

来週のマイルCSではこのような情けないことが起きないことを願っております(--)

まあ馬券を買う側としては、結果的には、こういう展開になることを想定出来なかった自己責任でもあるのですけどね(--;;


レース後コメントを載せておきます。

1着 クィーンスプマンテ(田中博騎手)
「本当に馬が頑張ってくれました。前回は着順が悪かったんですが、競馬の内容としては良かったのでいいイメージはあったんです。今日は絶対ハナに行ってやろうと思っていたのでいい形に持ち込めました。3~4コーナーでテイエムプリキュアが来てくれてペースが上がったお陰でもっと差を広げられたのが良かったですね。そこから粘ってくれたのは馬のお陰です。この馬が未勝利を勝った時に乗せて頂いた縁で、こうしてチャンスをもらえて、結果を出せて本当に嬉しいです」

(小島茂之調教師)
「競馬はやってみなければ分かりません。人気はなかったけど、自分なりにレースを考え、馬の状態を見た時、正直自信がありました。ハードにやって馬がそれを乗り越えてくれて、今までになく出来は良かったですし、人気馬は後方待機の馬が多いので、流れを考えればチャンスはあると思ったし、自信がありました。これまで逃げたり色々なことをやってきましたが、控えるといい競馬が出来ませんでした。前回、控えて少し負けたので、今日はこの仔のスタイルの“逃げで”と腹をくくって臨みました。素直に嬉しかったけど、考えて自信を持って臨んだ訳ですから、“してやったり”という気持ちもありました。1つ1つ階段を上がって皆で育ててきました。目標にしてきたレースをいい状態で勝ってくれました。クィーンスプマンテが頑張ってくれたということです。この後のことはオーナーと相談してになります」

2着 テイエムプリキュア(熊沢騎手)
「別にハナにこだわっていませんでした。凄くいい感じで馬も気持ちよく走っていました。交わせると思ったんですが、また離されてしまいました。いい感じだったんですけど、悔しいです」

(五十嵐調教師)
「レースは作戦通りでした。3コーナーで勝ち馬を交わせばと思っていたんですが、逆に離されてしまっては…勝った馬を褒めるしかありません」

3着 ブエナビスタ(安藤勝騎手)
「2コーナーを回った時には前の2頭が見えなくて、ペースも遅いと思ったくらいなんです。カワカミプリンセスが早めに動いたのでこっちも動いたんですが、直線で前が空いた時に前を見たらずっと前に2頭いてもうダメだと…。4コーナーでもう少し差が詰まっていれば良かったんですけどね。でも馬は前より良くなっていました」

4着 シャラナヤ(ルメール騎手)
「前の2頭が飛ばしていたのでちょっと心配ではあったんです。シャラナヤは自分のレースをしましたし、結果には満足しています。ただ正直、最後の直線で前の2頭が見えた時にはもうダメだと思ってしまいました」

5着 メイショウベルーガ(池添騎手)
「自分の競馬はあれしかないし、展開に左右されるのは仕方ないです。いつもより前で競馬をしましたが、よく追い込んでくれましたし、これからが楽しみです。直線向いて前の2頭が離れすぎていたので今日は仕方ありません」

6着 ブロードストリート(藤田騎手)
「今日はゲートも出てくれたし、いい感じだったんですよ。ただ、直線向いたらずっと前に2頭いて…。ペースが2コーナーに入ったところでガクッと落ちたからね。まさかこんなレースになるとは思いませんでした」

にほんブログ村の「競馬予想」ブログランキングです。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

競馬はやっぱりどんなに力が足りないと思っていても、逃げ馬は必ず押さえておかないといけないなと痛感した日でした。
昨日から気持ちが沈んでいて、そんな余裕はありませんでした・・・。

★下記3つのブログランキングに参加しています。貴方の1票がすごく励みになりますので、 ↓ への応援クリックにご協力お願いします。

FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ


☆ブログランキングへの応援クリック 心から感謝いたします。
    本当にありがとうございました(〃▽〃)

●最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
今後とも皆さんの応援に応えられるよう一生懸命頑張ってまいりますので、【ぷりんの情報局』と併せまして引き続き末永くご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。
★ぷりんの情報局★
http://purinnokabugasukides.blog24.fc2.com/

スポンサーサイト
来訪者数
開設日:平成20年9月30日~
プロフィール
ブログにお越しいただきまして、本当にありがとうございます。どうかゆっくりして行って下さいね(^^)

ぷりん

Author:ぷりん

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
Mダックス時計(B&T)
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
QRコード
QR
最新コメント
リンクサイトです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。